新車

新車を購入する時の頭金はいくら必要?相場とローンについて

更新日:

 

「新車を購入しようと思うだけど頭金はいくらくらい必要なんだろう…」

「新車をローンで購入しようと思うんだけど今はあまり余裕がない…」

なんてあなたは思っていませんか?

新車を購入しようとすると、人生の中でも大きめの出費になるのでローンを組むという方が多いです。

しかし、ある程度の頭金を支払っておく必要があります。
新車購入者はどのくらいの頭金を支払っているのでしょうか?

平均的な頭金の額を公開します!

平均金額は新車価格の2~3割が定番になっているようです。
例えば200万円の新車を購入するとなると50万円の頭金を支払って、150万円でローンを組むという方が多いようです。
しかし実際はそんなにキリのいい価格もないので、180万円の新車なら、頭金30万円ほどで抑えておくという方もいらっしゃいます。
そもそも頭金は、ローン支払い時にかかる上乗せ手数料の軽減になるので、安価な新車を購入する際は、一括払いを検討してみてもいいかもしれませんね。

頭金って、どのタイミングで支払えばいいの?

新車は購入してからすぐに乗れるというものではありません。
月日を経て「納車」という工程が済んだ後に乗ることが出来るのです。
お店にもよりますが、約1ヶ月ほどの納車期間がかかります。
納車期間にかかわらず、頭金は契約時、もしくは契約から1週間以内に支払うことになるでしょう。
頭金は必ず支払わなくてはいけないものではありませんが、期間は車を販売するディーラー側と、販売しているお店が決めているので、契約する前に確認を取るのが確実です。

ローンの支払いの負担が少なくなるように!

頭金で支払えなかった分のお金は、ローンという形で今後定期的に支払うことになります。
例として、200万円の新車を頭金50万円と10万円支払った場合を見ていきましょう。
50万円支払ったほうのローンは、残り150万円ですね。
逆に10万円支払ったほうのローンは、残り190万円です。
たった40万円の差ですが、手数料や利率の関係で、10万円以上の支払いの差が生まれることがあるので、非常に気にかけたいポイントですね。
中でも「残価設定ローン」というものは、設定した残価を残して車を購入し、残価分をローン支払いするという方法です。
残価を50%にしたら、半分を頭金として支払って残りの半分はローンです。
しかし実際は「残価設定ローン」は、このローンの方法を組み込んだ店舗の減少のせいでおススメすることが出来ず、数々のトラブルが多発している原因ともいえるのです。

参照:車のローンのオススメの組み方は?ディーラーローンと残クレとは?

初めてローンを組む方でおススメなのはやはり「長期かつ低金利のローン」です。
この方法は多くのお店でも採用されており、通常の新車のローンよりも長めの期間でローンを組んで、金利をできるだけ抑えてスムーズに支払いをすることが出来るのです。

ローンって最長で何年まで組んでくれるの?

新車と中古車で比較しても、ローンの期間に差なんてありません。
ローンの最長期間は、7年であると言われています。

これはお店側で変更が効くので、設定されている幅は変わってきますが、住宅街を購入した時のローン年数に比べたら、はるかに短いと言えるのではないでしょうか。
ちなみに最短年数は半年の6回払いがありますが、これを選択するのであったら、頭金を一気に支払ったほうがお得かもしれません。
ローンの組み方のポイントは、購入した車にどのくらいの期間乗り続けるかということです。
「4年間乗り続けたい!」という方だったら、3年ほどのローンを組むのが一般的な考え方です。

長期的ローンのメリット・デメリット

ローンは最長で7年間まで組むことが出来ることは分かりましたが、これに関してメリット・デメリットは何でしょうか。
まずメリットは、月々の支払いを安く済ますことが出来るというところですね。
学生だったら一気にお金が入ることも少ないでしょうから、安く済ませて通学できますし、長い目で支払い続けることが出来るのはいいことです。
デメリットは、金利や利息が高くなってしまうという点です。
また、事故によって廃車となった場合でもローンだけが残ってしまいますから、できるだけ頭金は多くとって、ローンの期間を短くするのがポイントです。

トヨタファイナンスのローン審査について

「ローン審査がなかなか通らない・・・」という方も少なくはないでしょう。
安定した収入を得ている会社員ならばスムーズに通るのですが、専業主婦などの収入が不安定な方は、ローンすら組ませてくれないケースがあります。
そこでおススメするのが審査が甘めな「トヨタファイナンスのカーローン」です。
このカーローンの注目ポイントは、万が一ローンが払えなくなった時に、車そのものを担保の代わりにして、(差し押さえて)被害損額を抑えるという方法をとっています。
またトヨタは他の車事業社と比べれば、圧倒的な査定能力によって転売を行っているので、ローンが通りやすくなっているのです。
要するに、「実績があるからどんな方でも優遇してローンを組んでいいですよ」という状況が作られているということですね。
融通が利きやすいカーローンですが、無理のない返済計画を立てるのが普通です。
「審査に通るから適当にローンを組むか!」ではなく、最後まで返済するという意思を持たなくてはいけません。

参照:新車の値引き額はいくらが限界?値引きのコツは何かある?

参照:新車が安い時期はいつ?値引き可能な時期とコツ

-新車
-, , ,

Copyright© 廃車・事故車の買取。高く売りたいならどこがおすすめ? , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.