中古車 新車

車のローンのオススメの組み方は?ディーラーローンと残クレとは?

投稿日:

 

車を購入するとき、どのような支払方法を選びますか?

現金購入、自動車ローン、自動車ローンでも残価設定型自動車ローン(残クレ)など、いろいろな支払方法があります。
車に限らず商品は、利息の支払いが発生しない現金で一括購入するのが、もっとも安く済む支払方法です。商品が高額になればなるほど、最終支払額で差が出てきます。
そうは言っても、200万円もするような新車を現金で購入するのはなかなか大変です。
多くの方は自動車ローンを活用するのが一般的な買い方かと思います。
自動車ローンには、大きく分けて、以前からある一般的なローンと最近流行の残価設定型ローンの2種類があります。
また、自動車ローンもどこで組むかで変わってきます。一般的には、新車を購入したディーラーが取り扱うローンを申し込むことが多いのですが、必ずしもそれがお得かかどうか。
それぞれの特徴を理解し、自分にあった自動車ローンを見つけてみましょう。

残価設定型自動車ローン(残クレ)のメリット・デメリット

最近はどのディーラーでも、残価設定型のローン、通称“残クレ”をすすめてきます。

残価設定型ローン(残クレ)とは

そもそも残価設定型とは、どういったものなのか。一言でいうと、車の本体価格から残価を引いた金額をローンで支払っていく方法です。

200万円の車を3年の残価設定型ローンで購入した場合、3年後のその車の価値(=残価)を新車価格の半分の100万円と設定した場合、200万円(新車価格)-100万円(残価)=100万円(+利息)を3年間で支払います。
通常のローンであれば、200万円(+利息)を3年間で支払わなければならないため、残価設定型ローンでは毎月の支払額を安く(例の場合は半額で)済ませられます。

また、月々の支払いが低く抑えられるため、手が届かなかったワンランク上の車を買うことができるなどメリットがあります。
一方で、ローンが終わる3年後にどうなるかというと、その車をディーラーに返却するか、残価分(例では100万円)を払って買い取るか、もしくは残価分を再びローンを組むかのいずれかを選択することになります。
残価設定型ローンは、3年後にその車を返却し、新しい車に買い替えてもらえる可能性を高く秘めているため、ディーラーにとってもすすめるメリットの高いローンです。

メリットは

その特徴でも説明したとおり、一番のメリットは「月々の支払が低くなる」ことです。
また、契約終了時の買取価格が保証されていることも安心です。

一定の条件を満たしてさえいれば契約終了時の買取価格をディーラーが保障してくれていますので、安心して次の計画を前もって立てられます。
この買取価格の保障ですが、こんなことも可能です。

先の例で100万円の残価の車を手放す際に、車の買取り専門店で見積もってもらい、120万円の見積もりが出たとしたら、120万円で買取り専門店へ売却し、100万円をディーラー(ローン会社)へ支払って、残った20万円を次の車の頭金に回すこともできます。

仮に、買い取り店で90万円の見積もりしかつかなかった場合は、100万円でディーラーに返却すればよく、考えようによっては、ディーラーにとってリスクのある制度とも言えます。

デメリットは

気を付けなければいけないのは、残価が保証されるにはある一定の条件を満たしている必要がある点です。
ローンによって違いはありますが、おおよそ次のような条件が付いています。

年間の走行距離の上限が決まっている

だいたい月1000km以下、年間で36000km以下といった具合に走行距離の上限が決められ、超過した分については、例えば1kmあたり5円減額されるなど、保障額から減算されていきます。

・事故や汚れに制限がある
・改造は不可

どれも通常の下取り査定で減点される内容と大差ないため、これをもってデメリットと声高々にいうほどではないかと思います。

再びローンを組んだ場合、金利を2回払うのと同じ

返却、または一括で買い取ってしまえば問題ない話ですが、契約終了後に再びローンを組んだ場合、金利を2回払うのと同じになっているのです。

先の例で説明しますと、3年の残価設定型ローンの利息は200万円(新車価格)-100万円(残価)=100万円に対して3年分の利息がつくのではなく、200万円(新車価格)に対して3年分の利息がつきます。

このため、残価100万円を再度ローンを組んだ場合、さらに100万円に対して利息が発生します。

残価設定型ローン(残クレ)がおすすめな人

見てきたとおり、すべての人に残価設定型ローンは向いているわけではありません。
敢えて言うなら次のような人におすすめなローンです。
1.月々の支払をどうしても抑えたい人
2.月の走行距離が1,000km程度もしくはそれ以下の人
3.車の改造(カスタマイズ)をしない人
4.ローン終了後(3または5年後)に車を買いかえる人
ディーラーローン、メリットとデメリット

新車を購入する際、そのままディーラーが取り扱っているローンを利用する人は多いかと思います。
ディーラーが提携している信販会社からお金を借りるローンをディーラーローンといいます。ディーラーが取次店として間に入ってくれるため、ディーラーの営業マンが車の登録やその他手続きなどと合わせ、ローンの借入れ手続きなど一切を行ってくれます。

ディーラーローンのメリット

・買った(買う)車を担保にするため、審査は比較的簡単
・ディーラーの営業マンが手続きの代行をしてくれるので楽チン
・審査にかかる時間が短い

といったメリットがあります。
審査は比較的緩く、さらに審査にかかる時間が短い点が注目です。銀行のマイカーローンでは数日かかる審査が、自動車ローンに申し込んで1~2時間、ディーラーで他の手続きの話をしているうちに、結果が出ることもあります。

また、銀行のマイカーローンでは審査のために書類のやり取りが生じますが、このような手続きもすべてディーラーの営業マンが代行してくれるのもメリットです。

ディーラーローンのデメリット

一方で、ディーラーローンには

・銀行のローンと比べて金利が高い
・ローン完済までは車の所有権がディーラー名義になる

といったデメリットがあります。
特に、金利。銀行のマイカーローンの金利相場が2%から5%、中には2%をきるものもあります、一方で、ディーラーローンの金利相場は8%~12%、もっともキャンペーンなどが行われて最近は4%程度がとなっています。

借り入れる金額や期間にもよりますが、金利の違いで総支払額で10万以上の差がでることもありますので、注意が必要です。
また、車の名義がディーラー名義となってしまうため、車両保険に入る際には注意が必要です。

また、ローンの支払いが完了したら、車検証の車両の所有者を自分に変更し、自動車保険も変更しなくてはなりません。

ディーラーローンを利用するほうが良い場合

金利を考えると、多少の手間暇はかかっても銀行のマイカーローンを利用するほうが良いかと思います。
ただし、銀行のマイカーローンはディーラーローンに比べ、審査が厳しく、年収、勤務先、勤続年数、他の借り入れ状況などによっては、審査に通らず借り入れができないこともあります。

このような場合、ディーラーローンを検討してください。
銀行よりは金利が高いといっても、消費者金融ほどは高くありません。

保証人って必要?

自動車のローンを組む際に、よく聞かれる質問なのであわせて説明しておきます。
勤続年数が3年以上、住宅ローン以外に借入が無ければ、普通の車のローンの場合、購入する車が担保となることもあり、保証人を必要とするケースはまずありません。
ただし、つぎのような場合、信用力が無いと判断され、保証人を必要とされることもありますので気を付けてください。

・利用者が未成年者
・.勤続年数が1年未満
・収入が安定していない
・借入額が高額
・住宅ローン以外の借り入れがある

まとめ

今回は車のローンのおすすめの組み方について解説してきました。一口に車のローンといってもいろいろあります。

それぞれにメリット、デメリットがあり、金額も大きいため、トータルで10万円以上の差がでることもあります。

ひと手間かけることを面倒がらず、自分に合ったプランを賢く選択して、楽しいカーライフを送ってください。

参照:新車を購入する時の頭金はいくら必要?相場とローンについて

参照:新車の値引き額はいくらが限界?値引きのコツは何かある?

参照:新車が安い時期はいつ?値引き可能な時期とコツ

-中古車, 新車
-, ,

Copyright© 廃車・事故車の買取。高く売りたいならどこがおすすめ? , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.